ベイウェーブログ♪

このブログは…
宮城県塩釜市にあるコミュニティFMラジオ局「ベイウェーブ」のブログです。
パーソナリティやスタッフが、番組では話せなかった話題、出来事、つぶやきを載せています。普段とは違う一面が見えるかも!?
もくようマルシェに潜入♪

 

 

 

JR利府駅の目の前にあるtsumikiで

 

毎月第3木曜日開催しているお店が集まる小さなマーケット「もくようマルシェ」


に潜入取材してきました♪

 

 

 

日常に彩りを加える雑貨の販売と、

楽しい手しごとのワークショップが行われており

 

今回は

 

 

・けしゴムはんこtom☆ / けしごむはんこ作りWS・販売

 

 

 

・Carlotta (カルロッタ) / レジンアクセサリー作りWS・販売

 

 

 

・ALOHINA (アロヒナ) / アクセサリー販売

 

 

・コモノヤ / 加賀ゆびぬき体験・布小物WS・販売

 

 

・ロザフィえふえふ / ロザフィ販売

 

 

などの販売・ワークショップが行われておりました。

 

 

そして、次回の開催は8月5日(日)

 

「もくようマルシェ」なのに日曜日??

 

そのお話は、8月1日(水)のラジカルトに

 

tsumikiスタッフでCarlotta (カルロッタ)の大宮さんがいらっしゃって

 


お話しくださることになっております!

 

お楽しみに♪

 

 

皆さんとっても楽しそうに行っていて

こちらまで明るい気持ちになりました♪

 

問合せは

 

利府町まち・ひと・しごと創造ステーション tsumiki


電話

022-766-9231

 

メール

info@rifu-tsumiki.jp

| ベイウェーブ | - | 15:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
71回塩竈みなと祭「神輿海上渡御」

(16:30)

御座船が海上渡御から塩釜西埠頭へお戻りになります。

 

海上渡御から陸上渡御へ!

 

神輿を水平にし、慎重に!氏子の皆さん真剣の技が光ります。

 

(17:00)

還御まではもう少し、氏子の皆さん頑張って下さい!

 

(18:00)

飾りを外した御座船がくろしお北浜マリンベースへと!

 

塩竈の氏子三祭

3月10日 帆手まつり

4月第4日曜日 花まつり

7月第3月曜日(海の日)塩竈みなと祭

で神輿渡御を見ることが出来ます。

 

塩竈はお祭りが市民の心を一つにすると私は思っています。

是非、多くの皆様に塩竈の神輿を御覧になって頂きたいです。

 

志波彦神社・鹽竈神社

http://www.shiogamajinja.jp/

 

 

 

 

 

 

 

| ベイウェーブ | スタッフの書き込み | 13:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
71回塩竈みなと祭「神輿海上渡御」

正午にご発船となりマリンゲート塩釜前を1周し、いざ沖へ出ます。

御座船には動力は無く、曳舟で巡幸します。

 

この姿を見ると塩竈市民は非常に盛り上がります!

 

神輿海上渡御は「塩竈みなと祭」海上部会の皆さんで斎行されます。

お供船には様々な役割があり、鈴木部会長の指示で安全に、

そして勇壮に斎行されているのです!

海の男達の海上渡御にかける想いはかっこいい!

 

(12:45)

代ヶ崎浜前で御座船は別れ、「龍鳳丸」は松島海岸と

浦戸諸島へ、「鳳凰丸」は魚市場・仲卸市場等へ巡幸します。

 

に続く

 

| ベイウェーブ | スタッフの書き込み | 12:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
第71回塩竈みなと祭「神輿海上渡御」

平成30年7月16日(月・祝)に第71回「塩竈みなと祭」が

斎行されました!

氏子三祭の一つ「塩竈みなと祭」は志波彦神社・鹽竈神社の

二基の神輿が御座船で浦戸諸島や松島を巡幸します。

毎年7月第三月曜日の「海の日」に斎行されますが

「日本三大船祭り」の一つとして有名です。

 

それでは神輿海上渡御の様子を御覧下さい。

 

(11:30)

塩釜西埠頭(マリンゲート塩釜隣)には吹き流しで

飾られた御座船「龍鳳丸」「鳳凰丸」が神輿の到着を待っています。

曇りですが時折雨が降る蒸し暑い天気でしたが大勢の方が

お見送りにいらしてます。

 

神輿が氏子の皆さんに担がれ西埠頭に入ってきます。

 

「龍鳳丸」には志波彦神社の神輿が、「鳳凰丸」には鹽竈神社の

神輿が奉安され間もなくご発船となります。

 

マリンゲート塩釜からも大勢の方がお見送りしています!

 

(正午)

いよいよご発船です!

100隻を超えるお供船と共に一大絵巻を繰り広げます!

 

△紡海

 

 

| ベイウェーブ | スタッフの書き込み | 12:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
塩竈市津波防災センターオープン!

2018年7月12日(木)11時にマリンゲート塩釜隣に

「塩竈市津波防災センター」がオープンしました!

…吐犯生時の一次避難場所・浦戸復旧復興の前線拠点

塩竈市営汽船欠航時の一次待機場所

震災記録の伝承・防災知識の普及

がこのセンターの主な役割です。

 

先程オープニングセレモニーでテープカットが行われました!

 

震災当日からの塩竈市や防災機関の動き・ライフラインの

状況等が展示されています!

巡視船「まつしま」が三陸沖で津波を乗り越えた瞬間映像も

見ることが出来ます。

 

防災教育にも役に立つ情報もありますので、是非家族で御覧になって

もらいたいです。

開館時間は平時9時〜17時まで、自由に見ることが出来ます!

何とこちらの施設は震度検知キーとなっており震度5弱程度で

自動的に開錠されるとのことで夜も安心ですね!

 

もちろん水や食料、毛布なども備蓄されています。

また、屋上には発電機があり3日間は電気を供給できる他

貯水機能付きの給水管を採用し、2000Lの水を蓄えておくことが

出来るそうです。

 

取材して一番感心したのはこの棚です。

なんと、椅子にもなりベットにもなり、こんな使い方も・・・

素晴らしいアイデアです!

 

災害は、いつ、どこで発生するか分かりません!

この施設は東日本大震災の被害を風化させないように!

そして、いざ災害が発生した場合の学習も出来ますので

是非一度足を運んでご覧になってください!

 

 

 

 

 

| ベイウェーブ | スタッフの書き込み | 12:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
塩釜神社例祭 御出幣式

毎年7月10日は鹽竈神社例祭です。


古くは国司が参詣を行い、江戸時代には仙台藩主伊達家が大神主として奉仕してきた重要な祭礼で、当日は、7月4日〜6日まで斎行された藻塩焼神事によりつくられた塩も奉納されます。

 


境内の参道には浄砂が敷かれてこの場所を神様がお通りになります。

参列、参拝される方はこの砂を踏まぬよう気を付けて神殿に向かいます。

 

本殿祭が終わると御出幣式が楼門前で執り行われます。

別宮・左右宮御本殿に奉安されている御神幣並びに御太刀・御弓矢等の

御神宝と共に楼門まで出御され、南面で左、右、左と御神幣を三度振り

更に北面に同様に振ります。

 


御出幣式は特殊神事で、かつては「朝参神事」と呼ばれ、国家の泰平と国民の平穏を祈る神事です。

 

例祭終了後、境内の表参道に敷かれていた砂を、参加された市民の皆さんが各自袋に入れ持ち帰ります。この清め砂は、尊い清め砂を受けられ、「しおがまさま」の御利益があると言われています。清め砂は、自宅の敷地に撒くなどして、お清めに使われます。

 

 

| ベイウェーブ | 佑季の書き込み | 11:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
御釜神社「藻塩焼神事」

平成30年7月6日(金)に塩竈市本町の御釡神社で

宮城県文化財「藻塩焼神事」が斎行されました。

御釜神社は鹽竈神社の末社で古来、塩土老翁神が製塩に使ったとされる

4口の神釡が奉安されおり、藻塩焼神事は古来の製法で藻塩を作る神事です。

この神釜は世に異変があるときに水の色が変じるとされ江戸時代には

水の色が変化すると藩へ報告がなされていたそうです。

 

7月4日 藻刈神事 七ヶ浜町花渕浜沖で海藻「ホンダワラ」を刈取る

7月5日 水替神事 松島湾釜ヶ淵より満潮の潮水を汲み、神釡の水の入替

7月6日 藻塩焼神事 平釡の上に竹を置きホンダワラを広げその上から

    海水を注ぎ煮詰め藻塩をつくる

神事は3日間行われます。

 

海藻「ホンダワラ」を平鉄釡の上に広げます。

 

その上から海水を注ぎます。

 

火打石で点火し煮詰めます。

 

アクを取りながら丁寧に海水を煮詰めます。

 

煙が上がり藻塩が出来上がるのを待ちます。

 

およそ1時間30分後に釡に見事な藻塩が出来ました。

この藻塩は7月10日の鹽竈神社例祭で奉納されます。

 

出来上がりました藻塩は参列者に配られます。

毎年開催されている藻塩焼神事は塩竈のルーツを感じます。

是非一度ご覧になって下さい。

 

志波彦神社・鹽竈神社

http://www.shiogamajinja.jp/

 

藻塩焼神事の製法を踏襲し「塩竈の藻塩」を製造している

合同会社 顔晴れ塩竈(がんばれしおがま)

https://mosio.co.jp/

 

 

 

 

 

| ベイウェーブ | スタッフの書き込み | 20:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
ベーカリ&カフェこうあん11周年感謝祭開催中!

 

 

こんにちは!

 

アサノです♪

 

 

 

 

さて、本日6月29日〜7月1日まで開催中の

 

こうあんさんが11周年感謝祭を始まりましたので

 

早速伺ってきました!

 

 

 

 

 

11周年感謝祭の内容は・・・

 

・パン全品2割引

 

・こうあん2割増商品券の販売

(店内全商品にご利用いただける商品券です。

3000円の商品券を2500円にて販売)

 

・ハズレくじ無し!大抽選会

(パンやケーキをお買い上げ800円毎に抽選)

 

となっております♪

 

 

 

美味しいはもちろんですが

とっても良心的で遊び心豊かな感謝祭です♪

 

是非期間中お見逃しの無いように!!

 

 

 

井上店長夫妻はじめ素敵な従業員さんが

皆さんをお待ちしていますよー♪

 

天然酵母ベーカリー&カフェこうあんHP

https://www.just.st/?in=305891

 

 

P.S.

井上店長(アサノの同級生)

通称ジャムおじさんは

まじめな顔ができません(笑

 

 

最後にもう一枚!

ハイチーズ♪

 

 

 

注)仕事中は真剣な表情でパンを作っています(笑

 

 

| ベイウェーブ | - | 10:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
海岸通1番2番地区再開事業施設建築物建設(一番地)地鎮祭・着工式


H30年6月28日(木)10時から
塩釜市海岸通一番地区内にて
地鎮祭および着工式が執り行われました。


6年前に始まった再開発事業。
2012年6月30日に開催された地権者懇談会を契機に
まちづくりの検討が開始されました。
2017年3月24日には、都市再開発法第111条型に基づく
権利変換計画が宮城県の認可を得て着工に至りました。

塩竈市の玄関口にふさわしい復興のシンボルとなる整備が
目的です。

 

テーマは「塩釜中心市街地の再生と復興」
〔臍按の街並み形成
塩竈の食文化の発信
0多完汰瓦弊験萢便・コミュニティーの提供


コンセプトは「結ぶ・繋ぐ・広がる」
商品、製品、食材、サービス、歴史、おもてなしの心を
正しく伝え、つなぎ、新しい価値を広げる

 

今回の着工する1番地区の概要は

 

【住宅棟】
鉄筋コンクリート造14階建て
建築面積 約800
延べ面積 約5,480

 

【事務所棟】
鉄骨造3階建て
建築面積 約470
延べ面積 約880

 

【駐車場棟】
鉄骨造5階建て
建築面積 約770
延べ面積 約3,710


今後は来年早期に2番地の工事を発注する予定とのこと。

塩竈の新しい顔となるであろう海岸通1番2番地区再開発。
我々市民も待ち遠しい。

| ベイウェーブ | スタッフの書き込み | 16:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
奉祝花まつり「第35回しおがま市民まつり」開催しました!

毎年第四日曜日、今年4月22日(日)は鹽竈神社の花まつり!

JR本塩釜駅前では奉祝花まつり「しおがま市民まつり」が

開催されました!(主催:塩釜商工会議所青年部)

今回で35回目の「しおがま市民まつり」はとても良い天気・・・

と言いますか良すぎて気温が上がり熱中症が心配な陽気と

なりました!

会場には多くのお客様が来場し賑わいました!

ステージ上のasariさんとベイウェーブのアサノタケフミくん!

気持ちよさそうに歌のご披露!

 

イベントではジャンボ鉄火巻(60mを2回)開催しました!

毎年恒例の大人気イベントになっています!

 

ちびっこ広場の「おさかなてつどう」も大人気!

 

遊具もバッチリ揃えられています!

 

フィナーレは恒例の大ビンゴ大会!

 

次の氏子三祭は「塩竈みなと祭」(7月の海の日開催)です!

塩竈の祭りはまだまだ続きます!

 

 

| ベイウェーブ | スタッフの書き込み | 13:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

このページの先頭へ