ベイウェーブログ♪

このブログは…
宮城県塩釜市にあるコミュニティFMラジオ局「ベイウェーブ」のブログです。
パーソナリティやスタッフが、番組では話せなかった話題、出来事、つぶやきを載せています。普段とは違う一面が見えるかも!?
<< ベーカリ&カフェこうあん11周年感謝祭開催中! | main | 塩釜神社例祭 御出幣式 >>
御釜神社「藻塩焼神事」

平成30年7月6日(金)に塩竈市本町の御釡神社で

宮城県文化財「藻塩焼神事」が斎行されました。

御釜神社は鹽竈神社の末社で古来、塩土老翁神が製塩に使ったとされる

4口の神釡が奉安されおり、藻塩焼神事は古来の製法で藻塩を作る神事です。

この神釜は世に異変があるときに水の色が変じるとされ江戸時代には

水の色が変化すると藩へ報告がなされていたそうです。

 

7月4日 藻刈神事 七ヶ浜町花渕浜沖で海藻「ホンダワラ」を刈取る

7月5日 水替神事 松島湾釜ヶ淵より満潮の潮水を汲み、神釡の水の入替

7月6日 藻塩焼神事 平釡の上に竹を置きホンダワラを広げその上から

    海水を注ぎ煮詰め藻塩をつくる

神事は3日間行われます。

 

海藻「ホンダワラ」を平鉄釡の上に広げます。

 

その上から海水を注ぎます。

 

火打石で点火し煮詰めます。

 

アクを取りながら丁寧に海水を煮詰めます。

 

煙が上がり藻塩が出来上がるのを待ちます。

 

およそ1時間30分後に釡に見事な藻塩が出来ました。

この藻塩は7月10日の鹽竈神社例祭で奉納されます。

 

出来上がりました藻塩は参列者に配られます。

毎年開催されている藻塩焼神事は塩竈のルーツを感じます。

是非一度ご覧になって下さい。

 

志波彦神社・鹽竈神社

http://www.shiogamajinja.jp/

 

藻塩焼神事の製法を踏襲し「塩竈の藻塩」を製造している

合同会社 顔晴れ塩竈(がんばれしおがま)

https://mosio.co.jp/

 

 

 

 

 

| ベイウェーブ | スタッフの書き込み | 20:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:07 | - | - | - | -









http://baywave.jugem.jp/trackback/935
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

このページの先頭へ